癒しとパワーを与える行者杉と行者の径

行者杉を巡る朝倉郡東峰村の小石原地区―小石原焼で有名なこの地区では、かつて修験道の霊場が開かれ、修行に励む山伏がいました。そんな山伏たちが身を清める行(→滝に打たれるとか、冷水に浸かるとか、そんな修行だと思います)を行った際に、杉を挿し穂をし、数百年の時を経て杉の巨木群となったのが、この行者杉です^^見上げてみると、気が遠くなるように高い杉がずらりと並んでいることがわかります。樹齢600年とありますので、...

続きを読む

【険道】狭すぎ!かんかけ峠【走行注意】

福岡県道70号田主丸黒木線先日発心山に行った私、まつもんですが、その中で触れた、福岡県道70号田主丸黒木線。久留米市田主丸町と八女市黒木町をつなぐ主要地方道です。しかし、発心山のある耳納連山を越える区間が大変険しいのです…本日はアホなことに下調べをせずに、この険しい道を通った自分への戒めも含めて(笑)、この福岡県道70号田主丸黒木線について記事にさせていただきます^^;険しすぎる!かんかけ峠田主丸町はフルーツ...

続きを読む

【絶景】筑後平野を見下ろす発心山と発心城跡

発心山と草野氏筑後平野の南側に連なる耳納連山(みのうれんざん)。その中、久留米の東部・草野町の南側に、標高698mの発心山(ほっしんざん)があります。なだらかに西に向かって低くなる耳納連山に反発するかのように、僅かに逆三角形になっています。発心山の麓には発心公園があります。かつてはこの発心公園の場所に館を構え、約400年もの長い間草野一帯を支配した豪族がいました。草野氏です。草野氏は源平合戦で源氏に味方した...

続きを読む

元寇防塁~松原に埋もれた石たち~

元寇防塁築造の背景鎌倉時代―海外ではモンゴル帝国が世界各国を侵略し、東は中国北部や朝鮮、西はヨーロッパまで支配する世界最大の帝国となりました。モンゴル帝国の五代皇帝・クビライは、中国南部の国家・南宋を襄陽・樊城の戦いで破ると、日本侵攻を決行します。これが文永の役と呼ばれる、第一回目の元寇です。△クビライの肖像画三万人とも言われているモンゴル軍は対馬、壱岐では勝利するものの、博多では武士たちに敗退し、...

続きを読む

平家一門を祀った社・水天宮

筑後川と水天宮の起こり九州最大の大河・筑後川。その流域は熊本・大分・佐賀・福岡の4県にまたがります。久留米では、その筑後川のほとりに大きな神社があります。水天宮です^^日本全国に水天宮がございますが、その総本山の水天宮でございます。水天宮の起こりは平安時代までさかのぼります。平安時代末期、壇ノ浦の戦いに敗れた平家一門は次々と海に身を投げていきました。時の帝・安徳天皇も海に身を投げ込み、僅か6年という短...

続きを読む