【九州の箱根】石畳が残る冷水峠

冷水峠の開通

冷水峠開通のお知らせ
※もちろん偽物です^^;

江戸時代に入ると、徳川幕府は諸大名に対し、街道の整備を命じました。
街道を整備させることで諸大名の力を削ぎ、
また有事の際にできるだけ早く幕府軍を移動させるためだと思われます。

福岡藩初代藩主・黒田長政は冷水峠(ひやみずとうげ)を開通させ、長崎街道の宿場町を整備しました。
それまで小倉から長崎・鹿児島へ行くためには、
険阻な金辺峠や八丁峠を越えなければなりませんでした(秋月街道・現在の国道322号)が、
この冷水峠の開通により大幅に移動時間を短縮できるようになりました。

長崎街道と冷水峠


鎖国状態であった日本でしたが、唯一海外と貿易を許された街がございました。
長崎です。

長崎では海外から珍しい品が入ってくるため、
その品を運ぶためにこの冷水峠を使いました。
徳川吉宗に献上された象も通ったそうです^^

冷水峠山家口からゆく!

冷水峠山家口

冷水峠は筑紫野市山家(やまえ)と飯塚市内野を結ぶ峠です。
大変険しい峠であるため、九州の箱根と呼ばれました。
山家からは、冷水峠(車道)の頂上から徒歩でいくことができます^^
では、行ってみましょう!
冷水峠1

木々に覆われていています。
舗装されていますが、これは敗戦後、
大根地神社までの道を米軍が車で移動するために行ったらしいです。
冷水峠2

両側が高い土手になっています。
恐らく道を作るために土を削り取ったのでしょう。
これだけの土を削り取ったのですから、工事規模の大きさが想像できます。
郡境石(御笠郡)

郡境石(穂波郡)

まもなくすると大根地神社の鳥居が現れます。
そこにこの郡境石がございます。
この場所が峠、最も標高の高い場所でございます。
冷水峠3

峠を越えると下り坂が始まります。
道が急に狭くなっております^^;
冷水峠8

石畳も顔を出してきますが、
冷水峠9

水が道を覆ってしまい…
歩きにくい道になっています^^;
さわがに

水であふれているため、こんな感じで石畳の下にさわがにが住んでいるみたいです^^
冷水峠5

石畳が崩壊しているところもあります^^;
冷水峠6

下り始めて5分くらい経つと、きれいな石畳に出会うことができます^^
雨に濡れていなければとても歩きやすい道になっています。
冷水峠7

そして…
水の流れる音が聞こえて参ります^^
この小川の水が冷えていて人々の喉を潤していたからでしょう、
冷水峠と呼ばれる由来となりました。
冷水

また、小川の上にかかっているこの橋は、江戸時代に架けられたもので、
現在もその役目を立派に果たしています^^
茶屋跡

昭和20年~30年頃くらいまでは往来が激しく、
この付近にお店が数軒あったそうです。
(ここが冷水峠で最もきれいなところですね^^)
冷水峠10

さらに下っていくと、
冷水峠11

森が開け、明るくなります。
工事のお知らせ

廃道に工事などあるのでしょうか^^;
以前訪れた時(4年前くらい…)からずっとこのままのような(笑)
冷水峠12

やがて石畳は消え、アスファルト舗装の道と民家が現れます^^
原田線

冷水峠の下に鉄道トンネルがあるようです。
原田線と出会うこともできます^^
まっすぐ行くと冷水峠(車道)と冷水道路との分岐点付近に出ることができます。

石畳がよい状態で残っており、比較的歩きやすい道となっております。
一度ぜひ、足を運んで歴史を感じてみてはいかがでしょう?^^

■本日紹介したスポットは、筑紫野市と飯塚市を結ぶ冷水峠です^^

いつも遊びに来ていただき、ありがとうございます^^

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ

コメント

No title

こんばんは^^
道路の歴史は古いですが、こう見ると、
人々の生活に道路が大きな役割を
になってきたことがよくわかりますね~。
当時も画期的な道が開通したと地域の
人々は喜んだことと思いますが、現在の
舗装された国道というのを見ても、
技術の進歩を感じますよね^^

Re: No title

そうですね、道は文化も運び、
周辺地域に影響を与えることはよくあります。

例えばこの長崎街道はシュガーロードとも呼ばれ、
外国から輸入された砂糖も運ばれたのですが、
佐賀のマルボーロや福岡県飯塚市のひよこ饅頭など、
その砂糖を使ったお菓子を考案し、
現在までその影響を残しています^^

また、技術の進歩についてもテン3さんのおっしゃる通りですね。
江戸時代はこんな石畳の道ですが、
現在はアスファルトの広い道ですからね。
しかも短期間でできあがるため、
現在の土木技術の高さに改めて驚かされました^^

> こんばんは^^
> 道路の歴史は古いですが、こう見ると、
> 人々の生活に道路が大きな役割を
> になってきたことがよくわかりますね~。
> 当時も画期的な道が開通したと地域の
> 人々は喜んだことと思いますが、現在の
> 舗装された国道というのを見ても、
> 技術の進歩を感じますよね^^

コメントの投稿

非公開コメント