日本で唯一鮭を祀る神社・鮭神社

1.大隈の街


遠賀川の源流点から川沿いに下ること10km。
宮野の小市街地を抜けて、大隈(嘉麻市)にたどり着きます。
この大隈は日田街道と秋月街道が交差する交通の要衝であり、
商業都市として発展しました。



大隈

2.鮭神社


さて、その大隈の街並みの外れに珍しい神社がございます(^-^)/
その名も「鮭神社」です。
なんと鮭を神様として祀っている、とても珍しい神社なのです。
それがこちら。
※ちなみに鮭を祀る神社はこの鮭神社が唯一だそうです。

鳥居
鮭神社の鳥居です。

拝殿

こ、これが鮭神社の拝殿か…!
なんとご立派に拝殿まで築かれています((((;゚Д゚)))))))
それにしても…鮭と言うと北国の印象が強いのですが、
そもそも鮭なんてこの九州の地にいたのでしょうか?

鮭は生まれ育った川に産卵するために戻ってくる習性があるのですが、
鮭が毎年戻ってくる川の南限は、太平洋側では千葉県、
日本海側では島根県らしいです。(Wikipediaより)

ですが、この遠賀川でもかつては鮭が見かけられていたらしく、
遠賀川流域では「幸せをもたらす神の使い」と信じられていました。
そのため、このように鮭を祀る神社が存在するようです^^
(参考:『福岡県の魅力を探る旅』 福岡県高等学校地理研究会 編集)

昭和初期までは鮭が確認されていたようですが、
残念ながら石炭産業の興隆により、遠賀川が汚染され、
鮭は姿を消してしまいました。

しかしながら、その後の地元有志の尽力により、
鮭の稚魚の放流などの努力を重ねた結果、
鮭が数年おきに戻ってくるようになったそうです^^

さて、そんな鮭神社の奉納物と言えば…
奉納物

鮭の彫刻、鮭の魚拓…神様の名前は鮭大明神…
この神社はもう鮭一色です笑

鮭塚

こちらでは、遠賀川で捕まえた鮭(大明神)を埋め、
五穀豊穣と鮭の回帰を祈る神事を行うそうです。
(献鮭祭と呼ばれています)

今年は、果たして鮭大明神がいらっしゃるのでしょうか?
いらっしゃって、この地に幸せをもたらしてもらいますように^^

■本記事で紹介したスポットは、嘉麻市の鮭神社です^^

いつも遊びに来ていただき、ありがとうございます^^

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント