古代の県庁・豊前国府跡と古代寺院・豊前国分寺跡

最近は雨が多くて散歩もできない…
秋雨に台風に…
湿気も多くて不快なことこの上ない!
今日も吾輩は悪天に憤りを感じながら、やることなく眠るのであった…

眠る猫

…はっ!
今日はどこだ!?

豊前国府跡

おお、芝生の公園じゃないか!
ここでたっぷり遊べるぞーーー!!
これでダイエットも捗るな…(小声)

ばばさま「そうだな、お前は太りすぎだからな」

余計なお世話じゃい!ってまた、ばばさまいるのかよ!?

ばばさま「夢に落ちたお前をここに連れてきたのはわしだからな」

なんだここは夢の世界か…まあいいや、
それで今日連れてきた場所は一体何ですかい?

ばばさま「豊前国府というところじゃ」

国府跡公園

豊前?豊前市のことかい?
国府ってなん??

ばばさま「そうだな…今では福岡県という、都道府県があるだろう、
昔は福岡県ではなく、筑前国、筑後国、豊前国…と呼ばれていたのだ
つまり、豊前というのは昔の県名のことだな。
豊前国は今の北九州市東部・京築地方・筑豊地方東部・
大分県の中津市・宇佐市を統括していたのじゃ。
それから、国府っていうのは県庁みたいなもので、
豊前国の中心が豊津、現在の京都郡みやこ町に置かれていたのじゃ。」

豊前国
(赤い部分が豊前国、Wikipediaより)

でもさ、豊津ってこう言ったらあれだけど…
中心というには程遠い街だよね。
小倉とか中津とかならまだわかるけど、どうして豊津にしたんだろ?

ばばさま「それはわしにもわからんが…
当時は年貢とかそういった税を都、つまり奈良や京都に納めていたんだが、
そう言ったものを運ぶには、舟のほうが便利だったのじゃ。
都まで最も近い海路と言えば、瀬戸内海。
それで瀬戸内海に面したところで、且つ統治しやすい場所を考えて、
豊津が選ばれたのかもしれんな。」

ふーむ、そんな感じなのかあ、ばばさまにもわからないことがあるんだね!

築地塀

おお、こりゃ見かけない塀だねえ

ばばさま「築地塀(ついじべい)と呼ばれるものでな、泥土を重ねて築いた塀なのじゃ。
かつて国府はこの塀を張り巡らしていたのじゃ。
今でも寺社などであるらしい…」

ちょっと自信なさげだね笑
さてはWikipediaを見て得た知識だな?
ほら、Wikipediaにi載ってるじゃん!

ばばさま「うるさいやい!
文明の利器は積極的に使うのがわしの信念なんじゃ!
それはそうと、国分寺って聞いたことがあるかい?」

国分寺?
教科書に出てくるあのお寺?
確か、聖武天皇が国ごとに建てたとかいう…

ばばさま「そうなんじゃ、それがここ豊津にもあるんじゃ…!
それ!わーぷじゃ」

門

わ、なんか景色が変わったぞ!
この門かっこえーーーーーーー

ばばさま「ここが国分寺じゃ。聖武天皇が熱心な仏教徒であられてな、
御仏のご加護によって日本の繁栄を願って、国ごとに建てられたのじゃ。
かの東大寺もこの国分寺の一つで、且つ最大規模の国分寺だったのじゃ」

国分寺

ほえーーーー
こんな立派な寺を各国にかい!
聖武天皇はよほど熱心な仏教徒だったんだね!
普通ならそんなお金があればおいしいものたくさん食べるのに…
おお!見てみて、三重塔だ!
かっこえーーーー!

三重塔

ばばさま「本当にそうだな、私利私欲ではなく国家安泰のために建てられるとは…
我々凡人―いや、凡猫には想像もつかないな。
残念ながら現在の国分寺は再建されたものだが、
これだけ長い間残っているのも、その想いが豊津の人々に受け継がれているかもしれないな」

よか話ばいー
これからもずーっと、受け継がれていきますように!

■本記事のスポットは京都郡みやこ町(旧豊津町)の豊前国府跡と豊前国分寺跡です^^


いつも遊びに来ていただき、ありがとうございます^^

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡県情報へ

コメント

こんばんは^^

キャラクターが変わりましたね~^^
吾輩は猫は偶然、最近読んだのですが、
漱石文学は洒落が効いていて、くすっと
来ることが多く、とても好感が持てましたね^^

九州は土地勘が全くないのですが、国分寺や
三重塔を見ると、歴史に深く関わってきた地域と
いうことがよくわかります。
五重塔はよく見ますが、三重塔は結構珍しそうですね^^

また、リンクいただき、ありがとうございました。
こちらからもリンクさせていただきました。
これからも宜しくお願いしますね^^

Re: タイトルなし

吾輩は猫である、ですね
猫を主人公にして人間…おそらく漱石自身を面白おかしく描かれてましたね^^

国分寺跡については全国各地にあると思います、
ただ、復元されている箇所は珍しいかもしれないですね
それから、三重塔よりは五重塔のほうが少ないと思います
ちなみに建立当時は七重塔だったそうですが、相次ぐ戦乱で失われ、
明治期に三重塔が復元され、昭和期に修理されたそうです^^

リンクして頂き、ありがとうございます!
こちらこそどうぞ、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント