大宰府政庁と古代城

大宰府と古代城西暦663年、日本は白村江の戦いで大敗し、朝鮮半島における影響力を完全に失うことになりました。そこで大和朝廷は唐(中国)からの侵略を想定し、博多にあった九州を統括する行政府(大宰府)を守りやすい内陸に移すことになりました。やがて九州以外の大宰府は廃止され、大宰府は九州を統括する行政府を指すようになりました。大宰府が廃止されたのちも地名は残り、今日の太宰府につながっています。大宰府政庁跡(だざ...

続きを読む

学問の神様・道真公を巡る旅

学問の神様・道真公を巡る旅学問の神様・菅原道真(すがわらのみちざね)公。学問を修める学者の家系に生まれた道真公は、その家系の中でも稀代の天才ぶりを発揮し、なんと6歳で素晴らしい和歌を作ったといわれています。その後紆余曲折を繰り返しますが、時の帝・宇多天皇に認められ、重用されるようになります。見事に出世し、遂に右大臣(国家No3の実力者)にまで上り詰めます。しかし宇多天皇が退位され、その子醍醐天皇が即位する...

続きを読む